金剛界曼荼羅

金剛界曼荼羅は金剛頂経というお経に基づいて作られた曼荼羅です。金剛界曼荼羅は、一枚の曼荼羅が大きく9つの部分に分れています。これを九会といいます。

金剛界曼荼羅(つづき)

中央に位置するのが成身会、その下から時計回りに三昧耶会、微細会、供養会、四印会、一印会、理趣会、降三世会、降三世三昧耶会となる、合計九つの会で構成されています。

中央の成身会には、五智如来が描かれています。成身会も9つに区切られており、中央と、上下左右の四カ所(それぞれ東西南北を表しています)に、さまざまな菩薩様の姿が配置されているのです。

金剛界曼荼羅の中央、つまり成身会の中央尊の中でも一番中央に描かれるのが、大日如来です。大日如来は密教において根本仏として信仰されている如来で、密教の世界観を描いた曼荼羅にはなくてはならない存在と言えます。

曼荼羅イメージ

大日如来は四方波羅蜜菩薩として波羅蜜菩薩金剛、宝波羅蜜菩薩、法波羅蜜菩薩、羯磨波羅蜜菩薩を従えるかたちで描かれています。

その周りを取り囲むのが、下から時計回りに、東尊、南尊、西尊、北尊と呼ばれる如来です。

東尊は阿しゅく如来で、四方親近菩薩として、金剛薩凱菩薩、金剛王菩薩、金剛愛菩薩、金剛喜菩薩を従える形で描かれます。

南尊は宝生如来で、四方親近菩薩として、金剛宝菩薩、金剛光菩薩、金剛幢菩薩、金剛笑菩薩を従える形で描かれます。

西尊は阿弥陀如来で、四方親近菩薩として、金剛法菩薩、金剛利菩薩、金剛因菩薩、金剛語菩薩を従える形で描かれます。

北尊は不空成就如来で、四方親近菩薩として、金剛業菩薩、金剛護菩薩、金剛牙菩薩、金剛拳菩薩を従える形で描かれます。

これらの他にも千佛、二十四天を配置し、中央の成身会だけでも1061尊で構成される、壮大な曼荼羅が金剛界曼荼羅なのです。


Copyright 曼荼羅の基礎知識 All rights reserved.

privacy